漆原 智良

Japan

児童文学作家

1934年東京・浅草に生まれる。
東京大空襲で家族を失い、戦後、福島、栃木と各地で生活。法政大学卒業後、絶海の孤島・八丈小島の教師として赴任。黒潮の子どもたちと哀歓を共にする。
その後、東京都中学校に28年間勤務。1989年東京都教諭を依願退職、著述活動に入る。また立教大学、実践女子短期大学、秋草学園短期大学講師として「児童文化論」「児童文学論」「幼児教育論」などを講じる。

主な著書に、『童話のどうぶつえん』(アリス館刊・絵本)、『つらかんべぇ』(今人舎刊・震災被災地支援)、『学校は小鳥のレストラン』(アリス館刊・課題図書)、『子どもの心がかがやくとき』(フレーベル館刊)など、児童書、教育書など100冊を超える。

  • 1963年NHK懸賞ドラマ一等入選、NHK放送記念祭賞受賞
  • 2006年第45回児童文化功労賞受賞
  • 現在、(社団法人)日本児童文芸家協会顧問。日本児童ペンクラブ顧問。全国各地での教育講演会・児童文学講座などに招かれ奔走中。また、「テレビ埼玉・童話の小箱」に出演。最近では「NHK・ラジオ深夜便・こころの時代」「中島啓江とのラジオトーク」などに出演。「東京の赤い雪」は舞台公演化(早見優、池谷幸雄らと出演)反響を呼ぶ。